読み物

どうして起きる?デリケートゾーンのかゆみとは

誰にも相談できないデリケートゾーンのかゆみ。人前でかけないし、むずむずして不快感が伴います。どうしてかゆくなるのでしょう。かゆみの原因とは?

かゆみの原因とは?

デリケートケアのかゆみの原因には、大きく分けて2つあります。
1つは接触などで起こる「かぶれ」が原因であること、もう1つは「感染症」があります。かぶれの場合、下着による締付けやこすれ、生理中のナプキンによる接触などで起こります。特に生理中のナプキンはムレたり、長時間装着していることで炎症を起こすこともあります。

一方の感染症の場合、細菌やウイルス、真菌(カビ)などの病原体に感染してしまうことで起こります。代表的なのがカンジダ膣炎です。

デリケートゾーンの皮膚は粘膜に近く、下着などで常に覆われているため、湿度や温度が上がり蒸れやすく通気性の悪い環境にあります。また汗や汚れもたまりやすいと言えるでしょう。そのためかぶれを起こしやすく、細菌などが繁殖しやすい条件が揃ってしまっているのです。

かぶれによるかゆみ

かゆみの主な原因は接触性皮膚炎と呼ばれ、外部からの刺激によって炎症を起こした状態をいいます。皮膚の一番外側の表皮が刺激から守るバリアの役割を担っていますが、このバリア機能があっても防ぎきれない刺激があると炎症やかぶれが起こってしまいます。

特に汗や皮脂や乾燥、また下着やナプキンの接触なども原因となります。特に下着は毎日装着するものですから、肌に優しい、ご自身の体質にあった素材を選ぶことをおすすめします。きつい下着の締め付けは、かぶれだけではなく色素沈着の原因ともなります。

生理中に使用するナプキンやタンポンの紐などの摩擦もよくある原因の1つです。長時間使用することでムレや雑菌の繁殖が生じ、かゆみや炎症の原因にもなります。

感染症によるかゆみ

感染症で多いのはカンジダ膣炎です。カンジダ膣炎とは通常時でも存在する菌ですが、体調不良や睡眠不足、風邪を引いたときなど、免疫力が低下した時に発症し、症状が起こりやすくなります。膣内や外陰部が非常に痒く、白いボロボロとしたチーズ状のおりものが出ます。清潔にしようとボディソープや石鹸で洗浄してしまいたいですが、一般的なボディソープでは刺激が強いため、弱酸性の専用ソープなどを使用しましょう。

ボディソープや石鹸で洗浄すると膣内のpH(ペーハー)値のバランスが乱れ、悪化することもありますので、洗いすぎに注意しましょう。

そのほか、性交渉によって感染するクラミジアやトリコモナス症などもかゆみを伴います。

感染症の場合、初期症状が無い場合があります。かゆみやおりものの変化などが見られたときは、なるべく早く婦人科に診てもらいましょう。放置すると悪化することがあります。

そのほかの痒み

上記の他に、更年期になると乾燥して痒みがでる場合があります。おりものの分泌が減り、膣内や外陰部のお肌が乾燥し、刺激に弱くなります。

デリケートゾーン専用の洗浄剤や、保湿剤を使用することで軽減されます。

予防法や対策は?

突発的な痒みがでた場合、原因がなにかを考えましょう。かぶれによる痒みなのか感染症による痒みなのかで、予防法や対策は変わってきます。

かぶれによる痒みの場合、常に肌に触れている下着の生地の種類を調べてみましょう。綿は大丈夫だけど化繊がNGの場合や、ショーツの縫い目があたってしまう場合もあるかもしれません。また洗剤が合わない方もまれにいらっしゃるそうです。

生理中の方はナプキンが原因かもしれません。今はお肌に優しいコットンを使用したナプキンも販売されていますし、極度に合わない方は布ナプキンも最近では普及しています。

ただし、布ナプキンは洗濯や処理が結構面倒なので、よく調べてから使うことをおすすめします。

感染症の場合、痒みだけではなくおりものの変化や腹痛などがないか、まず症状をしっかり見極めましょう。放置していると悪化する場合があります。特にカンジダは癖になることがあります。

どちらも共通することは、ボディソープや石鹸などでデリケートゾーンを洗わないようにしましょう。痒みがある場合は特にゴシゴシ洗いがちですが、余計に刺激となり悪化することもあります。弱酸性のデリケートゾーン専用洗浄剤を使用することをおすすめします。特にこすらなくて良いものが安心です。

洗浄剤は弱酸性のものを選びましょう。トラブルが起きている時はアルカリに傾いていることが多いです。pH値のバランスが非常に大切になります。もともとデリケートゾーンは自浄作用があります。弱酸性にすることで常在菌のバランスを保ってくれています。ボディソープや石鹸はアルカリ性のものが多いため、油分等の洗浄力は強いですがpH値のバランスは崩しがちです。デリケートゾーン専用の洗浄剤は特にpHバランスにこだわっているものが多いです。自分にあったボディソープやシャンプーを選ぶように、デリケートゾーン専用アイテムをどんどん取り入れましょう。